未経験なことにチャレンジするときの背中の押し方

新しいことや、未経験なことにチャレンジするかどうか悩む時。
例えば、「エンジニアなのにプレゼンの場に抜擢された」「社運を賭けたプロジェクトに指名された」
「参加したことないイベントに参加するかどうか」など。
恐らく普通の人は、恐怖のような感情を抱くことが多いと思います。
「失敗したらどうしよう」「私なんかがやってもいいのだろうか」といったものですね。

本当はやってみたい、けど不安で不安で仕方ない。
何でもいいから、誰か背中を押してくれ!と藁にもすがる気持ちになることが、自分もよくあります。
そんな時、どうすれば決断出来るか?自分の考えをお話してみます。

結論から言います。
自分の場合、酒飲んで判断力無くした状況で前に進みます。
「まー何とかなるっしょヒャーハハハハハハハwwwww」と10回ぐらい一人で笑いながら、
申込フォーム等でポチーと送信しちゃいます笑
初めて勉強会でプレゼンの申込をした時は、氷結ストロング3本ぐらい飲みました。

これとか。

(゚Д゚)ハァ? と思う方もいらっしゃるかもしれませんね笑
なんでこうしてるのか?といいますと。

「うまくいくかどうか自信ない」「失敗したらどうしよう」といったことで悩んでいる場合、
多くの場合は、心の底ではホントは「やりたい」「前に進みたい」と思っているはず。
やりたいと思っているけれども、過去に似たような経験が無いから、自信が無いから、躊躇してしまう。
そんな時、めっちゃ葛藤するんです。迷っちゃうんです。「ホントにやったほうが良いのかな?」と。
どんどん思考のループにハマってしまうんです。

なので、そんな時には、悩む隙をなくします
自分の場合には、酒に頼ります
自分の場合、酒を飲むとめっちゃ大胆になる傾向があるので(危険なパターン)、
勢いに任せて、とりあえず前に進んでみるんです。「ヒャッハーーーー!!!!」と笑

勢いに任せて前に進んで、そのまま爆睡して。
で、次の日になってシラフに戻り、気付きます。
「あ、申し込んじゃったわ」と。
その瞬間から、「やるか、やらないか」という点で悩んでいた思考から、
どうやったらうまくいくか、成功するか」という点に、きっと思考が切り替わっているでしょう

お酒でなくてもいいと思います。
信頼できる友達に申込をお願いする、パートナーにお願いする、ポジティブな音楽を聞く・・・。
やり方は何でもいいですが、とにかく大切な事は、
「やりたい」「やってみたい」と心の底から思うのであれば、悩む余地を無くして前に進む
月日が経った時に、「ああ、そんなことで悩んでいたな」と、過去の事として思い返す時が来るはずです。
こんなマイナーなブログにわざわざ足を運んでいる時点で、ホントは決断したいんですよね?(・∀・)

本当にやりたいのであれば、まずは前に進むこと。
悩んでしまうのであれば、悩む余地を無くすこと!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL