覚悟を決める、ということ

これまでの社会人人生を振り返って感じたことなのですが、
「覚悟を決める」ということは、本当に大切なんだなと思います。
ちょっとばかしのマイストーリー。

自分は社会人11ヶ月目で、新卒で入社した会社を辞めました。
諸般の事情があったのですが、その際に人事や周りの方に散々言われた事。

3年以内で辞めると、職歴に傷が付くよ

実際そうかもしれない。それだけで弾く会社もあるかもしれない。
この時の自分は、どっかで悟りました。

「あ、俺普通の人生諦めた方がいいわ
ここで圧倒的に実力か知名度を上げなければ、俺きっと幸せになれん

次の会社に転職してからは、それはもう死ぬ気で働きました。
プログラミングのスキルも大してなかったので必死に勉強し、
読みにくいソースがあれば、「何故読みにくいのか」を必死に試行錯誤し。
上司の「そんなにやらんでいい」という言葉を無視して、動かないソースがあれば夜中まで分析し……。

そんなことを続けてきたおかげで、今ではだいぶ成長できたと思います。
何より、昔なら「アイデアは浮かぶけど、やり方が分からない」だったのが、
今では「実現方法が分かるようになってきた」というのがすごく大きいです!

そんな今となって思うのは、
「ああ、あの時覚悟決めて良かったな」ということ。
転職せず、前の会社に留まることとも出来たかもしれないけれど、
もし留まっていたら、今の自分は確実にいない。
腹を決め、覚悟を決めて転職して本当に良かったなと思ってます。
(前の会社も良い会社ですよ!)

人生、「ここ」という分岐点が必ず来ると思います。
そこで自分に腹を決めて、行動していくこと。
決して簡単な事ではないけれど、腹を決めた分だけ、人は変化すると確信を持ってます!

「ここ」というタイミングで、覚悟を決める。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL