変化と成長は、好奇心と主体性から

フリーランスのエンジニアで活動してると、「自分も変わりたい!フリーになりたいんです!俺も・私もクリエイティブやりたいんです!教えてください!」って人が、けっこう来てくれる。
それ自体はすごく良いことなんだけど、「じゃあ」って言って課題与えたりすると、そこから一切、レスがないことがすごく多い。

本人達にとっては、意外と難しかったとか、忙しいとか、色んな理由あるとは思うけど、
一つ思うのは、そんなんじゃ変わることなんて一生無理だなってこと。
何をやればいいか分からない!何も教えてくれなかった!って言われたこともあるけど、受け身な時点でもうアカンよね。

一方で、この前参加したIT勉強会なんだけど、新卒数ヶ月で、もう立派なWebサービスを自分で構築してた。
自分から勉強したり、自分から勉強会参加したり。
本人は「楽しいだけです!」って言ってたけど。
俺も知らないこといっぱい知ってたし、ホントにすごいなって尊敬した。

改めて思ったんだけど、ホントにやりたかったら自分から動くよね。

今なんて、ITに限らず、いくらでも学ぶ方法なんてある。
そこを自分から行動して、自分から学びに行けるか、そして学び続けられるか。
はたまた受け身のまま一生生きるかで、
その後の成長って雲泥の差が生まれる。

参考までに自分の例話すと、
自分は15歳の頃、小説(ゲームの二次創作)書いてた。
んで、その小説をどうしても公開したい!!と思って、HPの勉強始めて公開してた。
テキストエディタなんてwindowsのメモ帳しか知らんかったから、メモ帳で必死こいてHTMLもCSSもゴリゴリ書いてたんだよね。

俺も、やりたいことあったから、自分で勝手にやってたタイプ。
皆が皆そうではない、って言われそうだけど、でも成長って、そんなもんじゃないかなって思うんだ。
変わりたい!って言って、変われる人って、ホントに一握り。
その大きな要因は、受け身のままか、主体的か。
一番の成長って、好奇心と主体性から生まれる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL