オフショア体験記① – ベトナムで働いています

オフショア体験記① – ベトナムで働いています

はじめに

こんにちは。ブログを書くのは久々になります。佐藤です!
現在はフリーランスのエンジニアとして活動を行っています。

こうやって書くと、大体の皆さんが、「日本で」働いていると思うでしょう。もちろんそうだと思います。
・・・ですが実際はそうではなく。
今自分がどこで働いているかというと、
ベトナム
です。

どうでしょうで見た光景。まじであんな感じです(・∀・)

今現在関わっている会社が、「オフショア」と呼ばれる仕組みで、ベトナムの会社と手を組んで仕事を行っているので、
せっかくならと、ベトナムで現地のエンジニア達と一緒に、お仕事をさせていただいています。

これからしばらくは、その「オフショア」を通して実際に学んだこと、オフショア体験記、ベトナム談なんかをまとめて行きたいと思っています!

そもそもオフショアって?

今後、オフショアについて書いていくのですが、
そもそもこの記事を読んでいる方の中には、「そもそもオフショアってなんだ」と思う方もいると思います。
「オフショアとは何か」それを簡単にまとめていきます。

・・・その前に。オフショアを知るためには、まずは「システム開発」の組織構造をざっくり知る必要があります。
システム開発の組織構造は、超ざっくりいうとこんな感じです。


 
細かいところは、組織や案件規模によって多種多様なのですが、
要はお客様がいて、営業がいて、設計者がいて、そして開発者がいる、という構造になります。

そして、ようやく本題。オフショア(またはオフショア開発)になると、ざっくり言うとこう変わります。

 
開発を行う担当者が、日本人から海外の開発会社に変わります。
例えば中国、フィリピン、インドネシア、ミャンマー、そしてベトナムが、オフショア開発先として注目されているそうです。

実際には、オフショアにも色々な形態があります。
例えば運用保守を海外にし、24時間体制を引くとか。
要は、「プロジェクトの一部を海外の会社に担当してもらう」というのが、オフショアの大まかな概要です!

今回僕が携わっている会社では、ベトナムの会社をオフショア開発先として契約しています。
それまではチャットサービスなどを使用し、日本とベトナムでやり取りを行っていたのですが、
コミュニケーションにロスが生じることが度々ありました。
そこで、自分がベトナム現地に行くことで、コミュニケーションをもっと密にしていこう!というのが、
今回自分がベトナムで働いている大きな理由です。

ブログ紹介

今回、僕が関わっているプロジェクトの仲間で、ベトナム人のエンジニアのブログと記事を紹介します!
Longといい、技術が豊富な天才で、本当に賢いシャイな男です。

※ボヤボヤだけど・・・笑 右奥がLongですです。

彼は今、プロジェクトで使用している「Xamarin」と「Azure Mobile Apps」というMicrosoftの技術について、英語でブログに書いていくようです。
良かったら読んでみてください!

これからの方針について

今後もこのブログで、オフショア開発のメリット、オフショアで経験したこと、グローバルで働くことの意味価値、Microsoftの技術の概要など、一通りのことをブログで書いていきたいと思っています。
MS技術に興味ある方、海外で働いてみたい方、ベトナム美人をGetしたい方向けに、
どんどん発信していこうと思いますので、よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL